株式会社の資本準備金と合同会社の資本剰余金

株式会社では、出資金1000万円の場合、半額以下の500万円を資本準備金とできる。
この場合、設立時に
・払込証明書は1000万円になり、実際に1000万円を口座に振り込む
・法務局に提出する設立登記申請書での資本金は500万円となり、消費税免除の額(1000万円未満)となる
 
合同会社には、資本準備金というのは無いが、似たようなものに資本剰余金というものがある。
この場合、
・払込証明書は1000万円になり、実際に1000万円を口座に口座に振り込む
・定款に資本剰余金の記載をする必要はなく、資本金決定書で資本金を500万円にすればいい
・別紙の資本金は500万円となり、消費税免除の額(1000万円未満)となる
・株式会社とは違って、出資金の半額という制限はなく、出資金1000万円、資本金1円とすることもできる
・この理屈で、出資金1万円、資本金0円とすることもできる
 
理屈上は上記の事が可能なのですが、現実問題として、
資本金が少ないと、すぐに債務超過になり、結局はその会社の代表が会社に「お金を貸す」事になる場合が多く、
対外的体裁にも、資本金は設立時に可能なだけ多くするのをお勧めいたします。