設立後、結婚等をして氏が変わった場合

設立後、結婚等をして氏が変わった場合

会社設立トップページ > 設立後の変更登記 > 設立後、結婚等をして氏が変わった場合
お知らせ
先月は多数のご利用を頂き、
ありがとうございました。

口コミ・ご紹介のお客様や、
2社目・3社目のお客様も増え
身の引き締まる思いです。

本日お申し込みの場合、
会社設立予定日は

前後の平日になります。


自分でやるより3万円以上安い、
早くて簡単な当センターに
会社設立代行はおまかせ下さい!

  • 会社設立のノウハウ

  • 起業コラム

  • 過去の記事

  • 記事カテゴリ

  • 設立後、結婚等をして氏が変わった場合

     会社を設立後、結婚して氏が変わった場合、「氏変更」の申請を法務局にしなければいけません。
    登記簿謄本に記載されている人の記載変更なので、
    合同会社の代表社員、株式会社の代表取締役、取締役、監査役の情報が変更になれば
    法務局へ申請しなければいけません。
    出資だけの人は、登記簿謄本に記載されていないので、出資だけの人の情報(氏名・住所)が
    変更になっても法務局へ申請する必要はありません。
     
    「氏変更」の変更登記申請をする場合、
    印鑑証明書や戸籍抄本(謄本)の添付は必要ありません。
     
    ですが、旧姓、新性の併記を希望する場合は、
    戸籍抄本(謄本)の添付が必要となります。
     
    印紙代は共に1万円になります。
     
     新しい氏に変わった場合、新旧の氏名が分かる証明書(戸籍謄本等)が必要のように
    思うのですが、どうしてなんでしょうかね・・・・?
    氏名のうち名が同じ人なら、別人に役員を変更をすることも可能ですよね・・・。
    不思議です。

    ▲ページの先頭へ戻る