自宅で会社を設立する際に本店住所はどこにすれば良い?

自宅で会社を設立する際に本店住所はどこにすれば良い?

会社設立トップページ > 起業コラム > 自宅で会社を設立する際に本店住所はどこにすれば良い?
お知らせ
先月は多数のご利用を頂き、
ありがとうございました。

口コミ・ご紹介のお客様や、
2社目・3社目のお客様も増え
身の引き締まる思いです。

本日お申し込みの場合、
会社設立予定日は

前後の平日になります。


自分でやるより3万円以上安い、
早くて簡単な当センターに
会社設立代行はおまかせ下さい!

  • 会社設立のノウハウ

  • 起業コラム

  • 過去の記事

  • 記事カテゴリ

  • 自宅で会社を設立する際に本店住所はどこにすれば良い?

    <自宅で会社を設立する際に本店住所はどこにすれば良い?代行で住所表記も安心!>
     

     
     会社を設立するとき、本店住所はどのように明記すればよいのでしょうか。本店住所を選ぶときには、融資や助成金、経費の問題など検討するべきことが多く、事務作業も煩雑であるため迷ってしまう人も多いはずです。会社設立後の展望も踏まえて、本店住所の選び方と注意点をご紹介します。
     

     
    ■会社には本店住所が必要
     会社を設立するときは本店住所を設定しますが、所在地選びに迷う方も少なくありません。会社の本店住所は、会社設立後の営業活動、納税地、融資を受ける際に銀行、信用金庫などの金融機関の借り入れ対象になるかなどの要素に影響します。本店所在地の記載は定款の「絶対的記載事項」に指定されているため、必ず決めなければなりません。また、会社設立後に本店住所の変更は可能ですが、費用、時間ともに損失になるため、会社設立前に慎重に決めましょう。
     
    ●拠点となる活動場所を記載する
     会社設立の本店住所は設立後の営業活動になる場所を記載するのが一般的です。住所は自宅兼事務所、賃貸オフィス、飲食店の店舗、バーチャルオフィスなど比較的自由に選べます。設立後の営業活動をするときに本店住所を名刺に記載することも考え、信用力が高くなる場所を選ぶとよいでしょう。
     また、税務や社会保険など役所関連の郵便物は原則として本店住所に届くため、設立後の事務作業の効率を考えると活動拠点と同一であることが望ましいです。本店所在地と活動拠点が違う場合、転送不要となっている郵便物を受け取れないなど不便な点があるため注意してください。ビル名や部屋番号など詳細で迷ったときなど、司法書士や代行業者に任せれば記載漏れなど心配もなく安心です。
     
    ●金融機関から融資を受ける場合の注意点
     金融機関から融資を受ける場合には、定款に記載された本店所在地が審査に影響します。自宅やバーチャルオフィスは賃貸オフィスを本店住所にしたときと比較して、審査で不利益を受ける場合がないわけではありません。金融機関は、信用金庫、地方銀行、政策金融公庫など独自の審査基準があります。たとえば信用金庫であれば、営業活動に合致した地域と融資対象となる本店住所が同一でなければならない、という決まりがあります。もし、設立後に融資を検討されているなら、代行業者に本店住所をどこにすればよいか相談してみるとよいでしょう。
     
    ●市町村や都道府県の助成金を利用する場合
     市町村や都道府県の助成金を利用する場合も、本店住所が関係してきます。設立後申し込みたい助成金の制度がある行政の管区内に会社の本店住所を設定しなければ、助成金の審査の対象とならないため注意してください。
     
    ●自宅を本店住所にした場合の2つの利点
     初期費用を抑えることを目的にするなら、自宅を本店住所にすることがおすすめです。経費算入できることや、オフィスの維持にかかる費用を抑えられるという部分が大きな利点と言えます。設立後、当面は対外的な融資や営業のことを考えなければ、自宅を本店住所にすることは経費節約や確定申告時の税務上で有利となります。
     また、経営者が在住する賃貸物件を本店住所にすると、自宅と会社事務所と両方で使用していると税務上判断されるため、使用状況に応じて、案分して会社経費として計上できます。また、会社を設立するまでの家賃の一部は、開業準備の法人の経費に算入できます。事務所を借りて余計な経費の発生を減らす観点からも、自宅を本店住所にする人は少なくありません。
     注意する点としては、自己所有の自宅住所を本店住所にすると、法人から受け取った経費は個人の不動産所得と税務上判断されることがあることです。これは自宅のローンの一部を法人経費で支払う場合も同様です。司法書士や代行業者に依頼するなら、自宅を本店住所に設定するときに法人経費として算入できるか確認してみるとよいでしょう。
     
    ■代行に依頼すれば本店住所の表記も安心
     会社を設立するときには、準備しなければならない事務作業も多く、各省庁に提出する書類も様々なものが必要になります。そのため、自分で行うとなれば煩雑となり時間も多く取られてしまうのです。本店住所を決めるときには、融資、助成金、納税地、設立後の郵便の受け取り、禁止事項の確認など、注意しなければならない点が複数あります。これらの手続きの煩わしさや悩みを解決するためにも、専門家である代行業者に任せることで、間違いなく進められると言えるでしょう。
     代行業者に任せれば、設立登記に追加で求められる書類をご自身で用意する必要がなく、書類作成や申請手続きの手間が省けるため、時間の節約につながります。公証人役場に提出する書類作成、認証手続き、設立登記のための書類作成および申請は漏れがあると再提出しなければなりません。これらの問題を全て任せられる代行業者であれば、本店住所の表記も設立後の会社の状況や目的に合致した場所を選ぶことができます。
     いかがでしたでしょうか。本店住所を選ぶときの注意点を相談できて、事務作業を一括して任せられる代行業者なら、住所表記も安心して任せられます。『自分で事務をする時間がない』『今すぐにも会社を作りたい』と考えている人は代行業者へ依頼をすることが、時間を効率的に使う最善の方法なのです。短縮した時間を使って、本来業務となる事業内容の検討や営業先の開拓など設立後の準備に集中してみてはいかがでしょうか。
     

    参考サイト

    会社設立時の本店所在地はどこにする?


    https://www.adiretax.jp/blog/establishment-starting-a-business/process/post-2394

    設立時の本店所在地が自宅住所で良い4つの理由とメリット・デメリット


    http://www.sartorionapoli.info/article/12

    会社設立時の本店所在地はどこにする?


    http://v-spirits-startup.com/head_office

    ▲ページの先頭へ戻る