合同会社の資本金の払い込み

合同会社の資本金の払い込み

会社設立トップページ > 起業情報
お知らせ
先月は多数のご利用を頂き、
ありがとうございました。

口コミ・ご紹介のお客様や、
2社目・3社目のお客様も増え
身の引き締まる思いです。

本日お申し込みの場合、
会社設立予定日は

前後の平日になります。


自分でやるより3万円以上安い、
早くて簡単な当センターに
会社設立代行はおまかせ下さい!

  • 最新ニュース

  • ニュースアーカイブ

  • カテゴリ

  • 合同会社の資本金の払い込み

    合同会社の設立の場合、資本金の払い込みは、代表社員の個人口座に振り込み(入金)となります。 そして、その代表社員の通帳のコピーをとって、資本金の払込証明書となります。 代表社員が複数人いた場合、その代表社員のうち、どなた … 続きを読む

    実印が無い場合のサイン証明書

    実印・印鑑証明書というのは日本特有のシステムです。 多くの国では代わりにサインを用いて契約等を済ませます。 日本では会社を設立する場合、個人の実印が必要なのですが、 実印を持たない外国人(日本人)の場合はどうなるのでしょ … 続きを読む

    設立後の定款内容の変更(変更登記)

    設立後、以下のような変更が生じてくるかと思います(変更登記)。 ・本店移転 ・増資 ・役員の追加 ・事業目的の変更(追加又は削除) ・社名変更 ・代表者の住所変更 ・役員の重任(任期満了による更新) こういった登記簿謄本 … 続きを読む

    売上が全く無くても納める税金!

    さて、皆さん。今回は、税金に関してのお話です。 通常、会社を経営して儲けると税金を納めます。 全く儲かって無くても(赤字)でも税金を払う必要はあるのでしょうか? 答えはYESです。 新しく会社を設立はしたが、全く活動をせ … 続きを読む

    未成年が法人設立する場合の注意点

    会社を設立する場合、印鑑証明書が必要です。 未成年でも、15歳以上であれば役所で実印登録ができ、印鑑証明書を取得できます。 未成年が会社を設立する場合、本人の印鑑証明書とは別に、 ・親権者の承諾書 ・親権者との関係を証明 … 続きを読む

    ▲ページの先頭へ戻る