会社設立で必要な3つの印鑑の種類について

会社設立で必要な3つの印鑑の種類について

会社設立トップページ > 2018年 > 9月
お知らせ
先月は多数のご利用を頂き、
ありがとうございました。

口コミ・ご紹介のお客様や、
2社目・3社目のお客様も増え
身の引き締まる思いです。

本日お申し込みの場合、
会社設立予定日は

前後の平日になります。


自分でやるより3万円以上安い、
早くて簡単な当センターに
会社設立代行はおまかせ下さい!

  • 会社設立のノウハウ

  • 起業コラム

  • 過去の記事

  • 記事カテゴリ

  • 会社設立で必要な3つの印鑑の種類について

    <会社設立で必要な3つの印鑑の種類について>      会社設立にあたっては3種類の印鑑を作成するのがおすすめです。すべてのビジネスは契約書を前提として成立していますが、その際に3種類の印鑑があればまず安心といえます。印 … 続きを読む

    設立後、結婚等をして氏が変わった場合

     会社を設立後、結婚して氏が変わった場合、「氏変更」の申請を法務局にしなければいけません。 登記簿謄本に記載されている人の記載変更なので、 合同会社の代表社員、株式会社の代表取締役、取締役、監査役の情報が変更になれば 法 … 続きを読む

    会社名を決める時に使えるネーミングテクニック

    <会社名を決める時に使えるネーミングテクニック>      会社設立の際にまず大事なのが会社名をどうするかです。会社名はその会社のアイデンティティを決定するといっても過言ではありません。すぐに覚えてもらえるようなものにし … 続きを読む

    株式会社の資本準備金と合同会社の資本剰余金

    株式会社では、出資金1000万円の場合、半額以下の500万円を資本準備金とできる。 この場合、設立時に ・払込証明書は1000万円になり、実際に1000万円を口座に振り込む ・法務局に提出する設立登記申請書での資本金は5 … 続きを読む

    はじめての会社設立をする際につまずきがちなポイント

    <はじめての会社設立をする際につまずきがちなポイント>      はじめて会社を設立する際、煩雑な手続きがいろいろとあり、お金も時間もかかるため挫折しそうになる人も少なくありません。たとえば会社登記は避けて通れない道です … 続きを読む

    ▲ページの先頭へ戻る